東京の美容皮膚科でタトゥー除去をしました

若い頃にタトゥーを入れてしまいました

若い頃にタトゥーを入れてしまいましたレーザーで除去することが可能美容皮膚科のレーザーは耐えられない程の痛みはありませんでした

今になって思えば自分の考えが足りなかったとしか言いようがありませんが、若い頃にタトゥーを入れてしまいました。
10代の後半から親との折り合いが悪く、反発ばかりしていました。
そのため当時の交際相手が自分の唯一の理解者のように思ってしまい、凄く影響を受けるようになりました。
その元交際相手は体の何か所かにタトゥーを入れていました。
まだ若かったのでタトゥーに対してなんの抵抗も無く、見ても何も思いませんでした。
そして元交際相手から一緒にタトゥーを入れないかと誘われた時にも、困惑と言うよりも嬉しさの方が勝ってしまい、深く考えずに承諾しました。
二人の名前を英語にしたおしゃれなデザインのタトゥーを背中の下の方に入れました。
元交際相手と同じタトゥーを入れたことがただ嬉しくて、これで二人の仲はより深まるとさえ思っていました。
けれど20歳前後の恋愛はお互い若いこともあって、それから1年も経たずに関係は終わってしまいます。
それでもタトゥーは背中の下の方に会って普段は目に見えないため、忘れていた程です。

中学生から可能なレーザー脱毛や、社会貢献としての低価格なタトゥー除去など、【美容】を【医療】としてとらえた「キルシェクリニック」が東京・港区赤坂にオープン ⇒ https://t.co/zUw74oG3PI

— 脱毛情報アラカルト (@uene303) January 8, 2020